◆ 青松式地震予知の研究(実験結果)報告ブログ ◆



2005年 08月 14日 ( 1 )


ゴンさん報告を転記致します。< お疲れさまです。

◆ ゴン >10日15:12 福島県沖M4.8(70km)等 関東・南東北やや
深めの有感が続いているようで   13日11:39 上弦   ・・・TVノイズ
@前橋 13日13時短観  1chノイズはここ数日 右17.5°で依然継続
   強度はMAXではありませんがやや上昇傾向   今日の上弦 特に
注意という訳ではないと思いますが  1ch地域はM5.5±0.3程度まであ
ってもおかしくはない という感じの状況 (08/13-14:12:46)

---------------------------------------------------------------------------------
RE;青松式地震予知実験 管理人 進村より

◆太平洋プレートに現れていた、地殻活動の今後◆
※歪み圧力の蓄積

◆1、相模トラフ関連の関東に、応力ストレスの解放(地震)となるか。
又は
◆2、東北太平洋側~日高トラフ周辺に、大きく出るのか?
※日本海溝ドミノラインと記しています。※

1か2か、"どちらかのパターン"を推定していますが、大震の決め手になる
宏観現象を、まだ未観測で困りました。-m(--)m-
■M6迄?の中規模ならば既に有ります。

◆パターンとして
2のパターンの場合、紀伊半島周辺の深発地震と相関することから、
こちらが動いた場合、前後に?◆東南海トラフ関連が、気になることになります。

※起点と反射点での活動(ドミノ理論)※

◆■青松式地震予知研究応援倶楽部 実験メール■
送信済み倶楽部実験メール【№18-5】 【№19】 【補足 ご返事例】の一部より引用。
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-14 08:27


地震予知情報