◆ 青松式地震予知の研究(実験結果)報告ブログ ◆



◆ウィキペディア◆フリー百科事典より◆

下記の補足として◆ドミノ理論と衛星予知の先駆者青松(本名 進村)について◆
◆ウイキペデイア◆■【"フリー百科事典より"】■◆
◆本文を下記に、"そのまま転記"しましたので、ご理解の程を宜しく御願い申しあげます。◆
-m(--)m-
Google のキャッシュより
【ドミノ理論】の検索結果は、下記のとうりで間違い有りません。
◆補足でした。-m(--)m-◆

地震 - Wikipedia
日本では民間観測者が衛星画像とドミノ理論を組み合わせた地震予知をやっ
ている青松&マルコドミノ理論などがあり民間ながら予知精度が高い。
ギリシャの研究者によるVAN法や、八ヶ岳南麓天文台の串田嘉男による方
法では、FM放送の電波を用いて電離層に ...
ja.wikipedia.org/wiki/地震 - 58k - キャッシュ - 関連ページ

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%89%E3%83%9F%
E3%83%8E%E7%90%86%E8%AB%96&hl=ja&lr=&start=10&sa=N

http://66.102.7.104/search?q=cache:kSWEv6d-LPUJ:ja.wikipedia.
org/wiki/%E5%9C%B0%E9%9C%87+%E3%83%89%E3%83%9F%
E3%83%8E%E7%90%86%E8%AB%96&hl=ja

◆地震予知◆

 一般に、地震の発生を事前に予知することは、難しいとされている。
数少ない例として、近い将来に発生するとされている東海地震については、日本の行政・
研究者が予知の可能性が高いと考え、観測体制・判定会の開催・警戒宣言の発令等の
手順が明確にされている。

日本では、理化学研究所・旧NASDAのリモートセンシング研究により極超長波223Hz/
17Hzの電磁波予知研究が先駆で全国各大学など40箇所ほどの観測点があり一番信
頼性が高い。また岐阜大学などが地中水脈に含まれるラドン放射を計測し地震予知観測
システム網を構築しているがこれも信頼性が高い。アメリカにおいてはNASAが人工衛星
の赤外線計測器が地震震央から発する赤外線スポットを観測しこの原理から地震予知研
究をした実績がある。

 日本では民間観測者が衛星画像とドミノ理論を組み合わせた地震予知をやっている
青松&マルコドミノ理論などがあり民間ながら予知精度が高い。

 ギリシャの研究者によるVAN法や、八ヶ岳南麓天文台の串田嘉男による方法では、FM
放送の電波を用いて電離層による間接的に地震の発生を予知しようとするものであるが、
原理が解明されておらず、予測も確実ではない。

岡山理科大学の弘原海(わだつみ)清は大気イオンの濃度変化を用いた地震予知の研究を行っている。そのほか東海大学などが様々な手法を用いて地震予知研究をしており、日本
大学も「夜光」という小型衛星の打ち上げを計画しており、地震の直前に発光する現象を宇
宙から捉えようとしている。

地震が発生する前の気象や生物行動の変化を宏観異常現象としてとらえて、地震を予知し
ようとする試みがあるが、そのメカニズムを論証できるものではない。特に地震雲については、
雲の形と地震発生との関係が全く不明、また雲のほとんどが気象状況により発生のメカニズム
が証明できるもので、否定的見解が多数派。気象庁地震予知情報課も「占いと同レベル」と斬り
捨てている。新潟県中越地震の直後に“地震雲では”と寄せられた情報のほとんどは、飛行機
雲、巻き雲、高積雲などだったという。

中国では1975年に実際に地震予知に成功し、死傷者の軽減に貢献した事例がある。
[編集]

数十年〜数百年内に大地震を引き起こす可能性が高い活断層・トラフ

* (凡例)地震源の名前:発生地域:予想される地震の規模
* 南海トラフ(東海地震〜南海地震の原因)
o 東海地震:静岡県、愛知県のそれぞれ南沖:予想M 8程度
o 東南海地震:三重県、愛知県のそれぞれ南方沖:予想M 8程度
o 南海地震:高知県、徳島県、和歌山県のそれぞれ南方沖:予想M 8程度
* 相模トラフ
o 関東地震を起こした断層:神奈川県:予想M 8程度
o 南関東の東側の広い地域の断層:東京湾〜千葉県〜千葉県東方沖:予想M ?
o 埼玉県東部〜茨城県南部の断層:茨城県南部:予想M ?
* 瀬戸内海西側から日向灘にかけてのプレ−トの境界:安芸灘、伊予灘、豊後水道、日向灘:予想M ?
* 与那国島周辺:与那国島(沖縄県):予想M ?
* 千島海溝周辺
o 十勝沖、根室沖:北海道南東沖:予想M ?
o 色丹島沖、択捉島沖:北方領土南沖:予想M ?
o 千島海溝北側の地下深く:北海道〜千島列島:予想M ?
* 三陸沖から房総沖にかけてのプレートの境界
o 三陸沖から房総沖にかけての大地震(津波を起こしやすい):青森県、岩手県、福島県、茨城県、千葉県のそれぞれ太平洋沖:予想M ?
o 三陸沖北部:青森県、岩手県:予想M ?
o 茨城県沖:茨城県:予想M ?
* 中央構造線:和歌山県、徳島県、愛媛県:予想M 7 〜 8
* 糸魚川-静岡構造線の中部:長野県:予想M 8 程度
* 国府津(こうづ) - 松田 - 神縄(かんなわ)断層帯:神奈川県:予想M 8程度
* 宮城県沖地震を引き起こした断層:宮城県:予想M ?
* 三浦半島断層群:神奈川県:予想M 6.5 〜 6.8
* 富士川河口断層帯:静岡県?:予想M 8 程度
* 阿寺断層帯:岐阜県、長野県:予想M 6.8
* 上町断層帯:大阪府:予想M 7.5

※このほかの断層については地震発生確率が低いため記載していないが、断層の調査が難し
いため確率の幅が大きいものもあり、日頃から注意は必要である。

* 南海トラフの資料
o 南海トラフ沿いに起きる次の巨大地震
o 地震火山観測研究センター

[編集]

日本における地震対策と体制

日本は世界の地震の約1割が発生する地震大国であり、地震に関する組織もたくさんある。
ただし、業務が重複している部分も見られ、研究者の間でもこれらの組織の役割の違いを明
確に説明することは難しいとされている。アメリカ合衆国ではアメリカ合衆国地質調査所が下
に掲げているような役割をほぼ一元的に担っている。
[編集]
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-12 09:09
<< ▲▼三陸沖と周辺、又は日高トラ... ■相模トラフ■か?◆日本海溝◆か? >>


地震予知情報
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30