◆ 青松式地震予知の研究(実験結果)報告ブログ ◆



<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


ゆっくりとながれていった、大きな『流れ☆』

下記、産経新聞様の記事より。
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200603/sha2006033006.html
関東の上空で火の玉…火球か、目撃情報相次ぐ。
目撃例は午後8時25分から30分の間に集中。目撃場所は栃木、茨城などの北関東や都内
をはじめ、山梨、静岡、愛知などにも広がっている。

◆この流れ星は、私も見ていました。◆
青松倶楽部の役員様より、地震のことで電話が入ったのが20:18でした。
山梨県山梨市の笛吹き川付近でハッキリと目撃しました。

色は、大気が綺麗な私の目撃地では、ただの白い発光体でした。

西から? 目撃したときは、ほぼ真上からほぼ東(東南東)の方位へとながれていきました。

流れ星の目撃経験は何度も有ります。しかし、この火球?は速度がとてもゆっくりに見えま
した。 いったい、これは何だったのでしょうか?
[PR]
by aomatsu-k | 2006-03-30 07:00

=結果報告(但し、現段階で公開できる範囲までとします。)=

(下記、今日現在で公開できる範囲までとします。)
■青松式地震予知応援倶楽部 実験メール【最近の、ML会員メールより。】■
Mon, 27 Mar 2006 15:35:12 +0900

[aomatsu:00569] ML 会員メール
On Sat, 18 Mar 2006 13:43:18 +0900
☆青松倶楽部 :進村 耕喜☆ wrote:
>青松倶楽部特別会員の皆様、いっもお世話になっています。m(_ _)m
>遠州灘周辺へ収束する放射雲を、本日午前より目視確認しました。
>***************倶楽部実験メール【№※※】と関連地震の発生まで、
>11日間以内に入った可能性を、現在検証中です。
>青松倶楽部 進村 より

◆ML会員メール、目視での私の考察が正しかった場合の推定発生日は◆
1)■2006,3/29になります。■

2)※期間則を11日又は15日後とした場合の発生日は、
2006,3/29又は4/2頃が考えられることになります。
-以 上-

◆【結果1は。】◆(まだ、最終の結果報告とは考えていません。)
◆(上記の推定発生日よりも、1時間と27分早く発生したことになります。**-***関連)
◆2006年3月28日22時33分頃、東海道沖(北緯32.2度 東経138.6度 深さ410km)
"マグニチュード6.0"、最大震度3

下記の引用元は、気象庁発表の震源情報より。
e0006509_444165.jpg



--------------------------------------------------------------------------------------------
◆青松倶楽部会員の皆様へは、本日 衛星画像予知法とその他の現況観測の考察結果、
■次に予測される震源 規模は、変更させて頂き◆新規倶楽部実験メールになる可能性■
倶楽部実験メールを送信する予定ですので、宜しく御願い申しあげます。◆-m(--)m-
---------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by aomatsu-k | 2006-03-29 04:45

=ご報告=

◆下記の発生した地震にズバリ該当する、送信済み倶楽部実験メールは有りません。◆
2006年03月27日11時50分,日向灘 ( 北緯32.6°、東経132.2°深さ約50km)マグニチュード5.5,最大震度5弱

※やや関連する領域で、倶楽部実験メール【№21】と関連のみ、青松倶楽部の倶楽部実験メ
ールとして、現在送信済みです。その他の倶楽部実験メールは、下記の関東の結果報告以降
、まだ出ていません。※【by aomatsu-k | 2006-03-18 07:09-記-=結果報告=】

◆青松倶楽部、倶楽部実験メールの範囲は、地震の規模をマグニチュード5以上、千島、小笠
原、南西諸島を除く地域を、倶楽部実験(予知)メールとして、出させて頂いております。◆

◆2006年03月27日11時50分,日向灘で発生した地震は、マグニチュード5.5でしたが、ズバリ該当する倶楽部実験メールは出してなかったため、【見逃しは見逃しとして】、ご報告させていただきます。
-m(--)m-
-以 上-

下記の引用元は、気象庁発表の震源情報より引用。
e0006509_16404861.jpg


◆【地震の予測数と】:【その結果について】◆
地震の予測数が多ければ(例:毎日M4~6など。)、的中率も上がりますが、ハズレはもっと多くなることになります。地震予知とは、『実験数を少なく的確に。』が、予知実験に大切な要素の一つと、私は考えております。しかし、慎重になりすぎてM6超えなどを見逃してはならないのも事実です。今の所、M6を超えるものを青松倶楽部倶楽部実験メールでは、見逃したことはございません。今後も努力します。-m(--)m-

◆3/29 お詫びと訂正を追記◆
福岡県西方沖M7、0は予知に失敗していました。その他は予知しています。
訂正させて頂きます。申し訳ございませんでした。-m(--)m-
[PR]
by aomatsu-k | 2006-03-27 16:43

東海~東南海~南海について。

下記の引用元は東大地震研様のハーベストマップより。
e0006509_10344372.jpg

本年の1月7日~23日頃にも、南海トラフ~東海の広範囲でスロースリップが起こっていたと
公表されましたが、最近になってもハーベストマップでは繰り返し東海東南海で極小無感地震や
深部地震が頻発傾向にみられます。
 問題は、本震の発生時期に関して、本震発生が何時頃かということになります。
ブログへの"日記として""家具止めや備え"は確りとなされること。備えを確認すべき時期に入っ
ていると、私は考えています。
e0006509_11131715.gif

[PR]
by aomatsu-k | 2006-03-22 10:41

2006-3/8,07:25送信。03/13,14:12公開の、倶楽部実験メール【№060308】と   ◆結果報告◆

◆【実験の結果報告】◆ 3/20 5:00 追記
予測震源 ◎  発生予測日 ◎  予測規模(複数の地震の合計規模、複合合計として)○

※--------------------------------------------------------------※
下記、2006,3/8,07:25 -記-送信済み倶楽部実験メール。
-----------------------------------------------------------------
■青松式地震予知応援倶楽部 実験メール【№060308】■
◆ 領 域  : 関 東 地 方   ◆
◆推定震源  : 茨城~千葉.房総周辺 ◆
※おそらく、発生までの期間(初現予兆からの周期。)が長かった事から、震源は
【沖】の可能性が高いです。■前回の未発分を、発生日等再検証した再実験です。
◆ 規 模  : マグニチュード6,0(±0,5)を推定します。    ◆
◆発生予測日 : 2006,3/9(±1), または、2006,3/15(±2)を推定します。◆
◆発生の確度(推定確率)を、期間3/8~3/17の間で50%以上を推定します。 ◆

-以 上-
>2006,3/8,07:25 -記-
☆--------------------------------------------------------------------☆
青 松 倶 楽 部 倶楽部実験メール


■下記、倶楽部実験メール該当の発生地震。■
◆(1)平成18年03月10日17時56分,茨城県沖 (北緯36.7度 、 東経141.2度 深さ70km)マグニチュード4.4,最大震度2
http://www.jma.go.jp/jp/quake/10180100391.html
◆(2)平成18年03月13日12時00分,茨城県沖 ( 北緯36.1°、東経141.9°深さ約20km)マグニチュード4.8,最大震度1
http://www.jma.go.jp/jp/quake/13120700391.html
◆(3)平成18年03月13日12時41分,茨城県南部 (北緯36.3°、東経140.1°深さ約50km)マグニチュード4.0,最大震度3
http://www.jma.go.jp/jp/quake/13124900391.html
◆(4)平成18年03月13日13時06分,茨城県沖 ( 北緯36.1°、東経141.9°深さ約20km)マグニチュード5.1,最大震度2
http://www.jma.go.jp/jp/quake/13131100391.html
◆(5)平成18年03月13日13時15分,茨城県沖 ( 北緯36.1°、東経141.8°深さ約30km)マグニチュード5.1,最大震度2
http://www.jma.go.jp/jp/quake/
◆(6)平成18年03月13日15時56分,茨城県沖 ( 北緯36.1°、東経141.8°深さ約40km)マグニチュード4.8,最大震度1


◆結果報告◆は-以 上-
[PR]
by aomatsu-k | 2006-03-18 07:09

◆マンション等の鉄筋コンクリート造における、大きな家具の固定方法について。◆【固定は確実に。】

 ■一般的に木造在来工法の住宅家具止めにくらべて、RC造マンション等の家具止めは、
素人には難しいとされている。しかも、安価でハイ喜んでと、家具止めだけをやってくれる
業者様も少ないとお聞きします。
 今日は、御縁があり関東地方にて2物件RCマンション家具止め施工をやらせていただい
た写真を元に、止め方を説明したいと思います。
e0006509_6132244.jpg

この写真は、総重量はかるく200kは超えるであろう、大型のサイドボードを、私が固定した
ものです。白く見えるロープは、旧テザック社制のハイテクロンN30という、ケブラー繊維製
のロープを使っています。直径3mmで、引っ張り強度は結び部分で約318kという優れモノ
です。

◆これだけの大きな家具が、突然襲ってくる激震で倒れてきたら、まず無事ではすまない。◆
下敷きになれば怪我をする事や、また動けなくなりその後に襲ってくる火災や火災に伴う有毒ガスによって命を落とす事になってしまう可能性が有ります。
  地震発生のあと、家具の下敷きとなって身動きがとれなくなり、火災や火災に伴う有毒ガスが近づいてくる恐怖を想定して頂ければ、"家具止めの重要性を理解して頂ける"と思います。

◆用意するもの◆
1、コンクリートに取り付け固定できるボルトナット >商品名 オールアンカ 5mm×50mm(長さ)以上のもの。
2、ワイヤーかヒュートンかゲブラー繊維ロープで、家具重量の3倍程度の強度が有るものが、地震のさいの応答加速度を考えた場合に望ましいと考えます。
3、ステンレスビス径4mm以上のもの。(ビスの長さは私の場合、50mm以上のビスを使って、下穴を小ドリル(2.5mm)で開けてから、天板と側板と金具を連結します。)
4、1、2、3、に適した止め金具を、必要数だけ御用意ください。
5、【工具】コンクリート穴あけ用振動ドリルと、充電ドライバーかインパクトドライバを御用意ください。手持ちがなければ、一度使うだけならば借りた方がよいと、私は思います。
6、家具の高さによって、踏み台(脚立等)を用意してください。

e0006509_6581744.jpg

■それでは、具体的な施工手順を説明します。

1,金具に直径5mm以上の穴が開いていることを確認する。
2,取付け位置を決め、金具を壁側に当てて穴のセンターに鉛筆で印をつける。
3,印をつけたら、オールアンカの埋め込み部分の長さを確認し、その埋め込む深さまでの穴を、コンクリート用振動ドリルであける。
(RC造と鉄筋について > 鉄筋コンクリート造の場合、主に梁式と壁式構造の二つに分けることが出来ます。通常、どちらも鉄筋はダブルになっており、壁の外面から鉄筋までの被覆コンクリートが3-4cm、一般的にはあります。※運が悪く鉄筋に当たってしまった場合、位置を少しずらしてやれば大丈夫です。)
4,穴の中を掃除し、オールアンカを差し込み、圧接固定のピンを打ち込みします。必要数だけ取り付けてください。これでオールアンカの取付け固定は完了です。
5,次に、取り付けたオールアンカに固定用の金具を取付け、確りとボルトナットを締めてください。
(※ここで、オールアンカの取付けが不完全ですと、アンカが抜けてきますので、"注意"です。)

■次は、家具側の金具取付けです。
1,家具の天板が側板や背面板と確り繋がっているかどうかを、天板を強く持ち上げ確認してください。
(※注意 >天板が確りと固定されていると、思いこんではいけません。必ず確認してください。)
2,取り付ける金具に直径4mm以上の穴があいていることを確認し、ステンレスビスで固定してください。
(注意1、家具材質の硬さにより家具が罅割れてしまうことがありますので、2-3mmのドリルで下穴をあけることが望ましいです。)
(注意2、天板が確りと固定されていない場合、天板の厚みよりも2-3cm長いビスを使って、縦方向の側板までビスを締め込んで固定してください。)
(注意3、天板には、合板で作られており中は中空になっているものも有ります。この場合、トンカチかなにかを使って、かるく叩き 音の違いによって中空がないか確認することです。中空部分で固定しても、無意味なのでご注意ください。)

◆【家具固定は確実に。せっかく止めてあっても、不完全だと、いざというときに無意味です。】◆
(阪神淡路地震直後にボランティアで現地入りし確認している者として、また、中越地震の事後とも深くかかわってきた者として、アドバイスさせて頂きます。地震動を甘く見ないことです。)


つづく  
[PR]
by aomatsu-k | 2006-03-15 06:18


地震予知情報
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31