◆ 青松式地震予知の研究(実験結果)報告ブログ ◆



<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


太平洋プレートの押し(歪み)が、勝つか?

◆東北 東日本◆
e0006509_494467.jpg

◆関東海 西日本◆
e0006509_4104928.jpg

引用元 引用元は気象庁発表のハーベストマップより引用。
http://www.adep.or.jp/shingen/data/ShingenNew.html
西暦 2005 年 9 月 28 日 から 1 日間   地震数: 326 個

昨年の中越地震予知の前後を思い返し、いまだに悔いが残っている事が一つ。
72時間以内にM6 震度4を大きく超え、東北~関東全域が揺れる規模を想定し
予測を出します。今から72時間以内と思われます。しかし、最終震源を福島県と
周辺という隣県(新潟も一応、領域に含まれる。)としてしまった。
 元々の衛星画像に現れている、震源領域の福島から新潟付近としておけば良か
ったのであるが、限られた時間しか無かったにもかかわらず、己に妥協したくなかっ
たという、意地だけが裏目に出るかたちとなった。
※後で解ったこと。>【中越】ドミノでは照査で見えていたが、時間不足の為、未確認でした。
http://www.mirai.ne.jp/~mamimami/
 ※同じ過ちを繰り返さぬ為に。※
ドミノ連鎖 衛星熱変移 目視 を まったり まったり 照らし合せたいと考える。

もうすぐ、あれから一年か。 -m(--)m-  

◆↓その時の、衛星熱写真【手法>"予知技術により鮮明化"】です。◆
    ◆【中越地震 震度7の前兆を察知】◆"日本で唯一、直前予知をHP事前公開実験しまし    た。"◆
e0006509_4275570.jpg

>【"加工処理技術により鮮明化"】について
この青松 進村は、PCが決して得意では有りませんが、加工技術鮮明化により、見てきま
した。この予知技術の詳細(当然ながら時で異なる。)に関しては、完全非公開とさせて頂い
ています。
文書に書けば簡単ですが、検証する画像数も膨大の為、やってみると、かなり根気が必要な
ことだと解ります。-m(--)m-

◆青松式 地震予知研究実験 応援倶楽部◆
http://www.mirai.ne.jp/%7Emamimami/aomatsukurabu2.html
予知研究に興味が有る方、少しでもゆとりが有る方は、ML会員メール付の特別会員登録を
お勧め致します。メール数も多くなり、直直前報告などがより具体的になります。直前予知法。

宏観観測地震予知などは、予兆を確認後の直直前報告が極めて直前になる場合も有ります。
例えば、同心円現象、放射現象、赤化現象,発光現象などの変移を確認し、出先から携帯より
ML会員メールで送信が可能である為です。これは、故意にではありませんのでご了承ください。
-m(--)m-
[PR]
by aomatsu-k | 2005-09-30 04:19

どうやら、この前兆考察に関しては、M5,2とM4,5の複合合計でした。

◆一日前と4日前◆ 2震源
◆一つは、私の予測範囲(規模)が、予測の範囲以下でした。-m(--)m-◆

ーーーーーーーーーー下記、過去記事よりーーーーーーーーーーーーーーー
※その他※
◆考察段階◆での、予知失敗の例? >研修ML会員メール[aomatsu:00160]◆
2005,8/31,19;38 送信のメール
西日本についても、現在やや大型傾向の震源が考えられる。
◆現在、倶楽部実験メールは未送信ですが、考察段階とML会員メールへは数回記しました。
◆ドミノ理論、"衛生画像の変移と照らし合わせた"一致点とした場合、要注視の段階に来ていることは事実です。
◆まだ絞りきれていませんが、下記、8/31現況報告です。◆
◆1、瀬戸内海~伊予灘~日向灘周辺。【既に注意期間の可能性有りです。】◆
◆現況報告、考察段階は-以 上-です。
2005,08/31,07;37, -記-
ブログ-記-> # by aomatsu-k | 2005-09-01 05:44
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆結果その2◆引用元は>気象庁地震火山部 発表の地震情報より
e0006509_3354459.jpg

平成17年09月04日19時06分
伊予灘 (北緯33.5°、東経132.1°)深さ約50km
地震の規模(マグニチュード)は4.5と推定されます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆西の震源に関する、現況所感は以上です。◆ -m(--)m-

===========================================================================
# by aomatsu-k | 2005-09-01 05:44
※その他※
◆考察段階◆での、予知失敗の例? >研修ML会員メール[aomatsu:00160]◆
2005,8/31,19;38 送信のメール
西日本についても、現在やや大型傾向の震源が考えられる。
◆現在、倶楽部実験メールは未送信ですが、考察段階とML会員メールへは数回記しま
した。
◆ドミノ理論、"衛生画像の変移と照らし合わせた"一致点とした場合、要注視の段階
に来ていることは事実です。
◆まだ絞りきれていませんが、下記、8/31現況報告です。◆
◆1、瀬戸内海~伊予灘~日向灘周辺。【既に注意期間の可能性有りです。】◆
◆現況報告、考察段階は-以 上-です。
2005,08/31,07;37, -記-

※【結 果】※ 現段階 ※
震源地 フィリピン海盆北部
発震時刻 2005/09/01 04:05:10.78
緯度 29.398N
経度 132.109E
深さ 62.0km
マグニチュード 5.3
# by aomatsu-k | 2005-09-01 05:44
==============================================================================
[PR]
by aomatsu-k | 2005-09-05 03:36


地震予知情報
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30