◆ 青松式地震予知の研究(実験結果)報告ブログ ◆



<   2005年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧


◆倶楽部実験メールの結果報告◆的中◆

■報告済み青松式地震予知応援倶楽部 実験メールについて■
◆現況考察は,要注意継続です!!◆
◆関東に関しては、大型前の沈静化に入ったのか?東北で叩いたため
に、活動活発化が一時的に抑圧されているのか? しかし、それにして
も?あれだけ頻発していた地震が、目立ったものは、約二週間も止まっ
てしまっています。
◆関東~東北の予測地域は、引続き注意を継続して頂きたく、宜しく御
願い申しあげます。新潟も念の為に、申し訳ございませんが。-m(--)m-
◆【衛生画像からは、M6は確実に超えてくる?危険感が見られます。】

■【まだ、申し訳ないですが、今回は要注意継続です。】■-m(--)m-
◆【所感】◆
宮城県沖地震、マグニチュード7.2が8/16に発生後、ドミノも発生迄の
周期も、何かおかしくなっています。

2005/08/16,11:46 38.2 N 142.3 E 40 km M 7.2
宮城県沖 震度6強

◆ドミノは、48時間以内か、又は
◆8日後の8/24が"特異該当日"になります。

どんなパターンでドミノするのか?、過去例が通用しないパターンも有るの
か?兎に角、全球画像からは大型傾向です。おそらく北米プレート側で良
いです。-m(--)m-
-以 上-
2005,8/22,18;16 -記-
----------------------------------------------------------

◆下記、現在送信済みの倶楽部実験メール 他◆

■青松式地震予知応援倶楽部 実験メール【№,19-4】■
■領域 東北太平洋側~日高トラフ周辺。■
◆推定震源◆
◆宮城県と周辺近県◆(※岩手~福島付近に変更します。)
◆推定規模、マグニチュード6.0~7.0(7.5?の可能性もやや有り)◆
◆発生推定日◆
2005,08/18~08/23と推定します。
-以 上-
2005,8/18,12;00 -記- 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ 結 果 的 中 ◆

◆【8日後の8/24が"特異該当日で的中しました゜。】◆
平成17年08月24日19時15分
三陸沖 (北緯38.5°、東経143.4°)深さはごく浅
地震の規模(マグニチュード)は6.2と推定されます。

e0006509_21222628.jpg


◆的中の結果報告は以上◆

◆予知、その手法や技術は、結果が全てです◆
能書きでは、家族を救えません。

◆予知に掛ける時間と努力の違いが>※結果です。※
自然現象、地震予知研究。 ■私は負けない!!■


震災前に、倶楽部へ入会希望の方.こちらからどうぞ。
http://www.mirai.ne.jp/~mamimami/
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-24 21:26

震央分布図 8 月 21 日 から 1 日間

引用元
気象庁提供震央分布図
http://www.adep.or.jp/shingen/data/ShingenNew.html
西暦 2005 年 8 月 21 日 から 1 日間
e0006509_11115842.jpg


e0006509_11121891.jpg


08月16日  M7,2 宮城沖の最初の評価
M7クラス繰り返し発生 日本海溝のプレート境界
 今回地震が起きた宮城県の牡鹿半島東南沖では、日本海溝で太平洋
プレート(岩板)が陸側のプレートの下に潜り込み、周辺でマグニチュード
(M)7・5クラスの地震が繰り返し起きている。
 M7クラスでは、過去約200年間に6回、26・3-42・4年の間隔で発生。
いずれも津波を伴った。文部科学省は2002年から長期的な発生や揺れ
の予測精度を向上させるための調査を実施していた。政府の地震調査委
員会も今年1月、今後30年以内に99%の確率で発生するとあらためて
警告していた。


中央防災会議 「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に関する専門調査
会」のページ
本専門調査会の経緯及び目的
 日本海溝・千島海溝周辺ではマグニチュード7や8クラスの大規模な海
溝型地震が繰り返し発生し、1896年の明治三陸地震では約2万2千人
の死者が発生するなど、強震動や津波により甚大な被害が発生していま
す。
http://www.bousai.go.jp/jishin/nihonkaikou/


=====================================================================
# by aomatsu-k | 2005-08-23 08:35
地震の周期性と活動期・静穏期
周期性と活動期・静穏期
http://www.hinet.bosai.go.jp/about_earthquake/sec7.3.htm

海溝型地震と津波 , 関東地震・東海地震の特殊性
http://www.hinet.bosai.go.jp/about_earthquake/sec5.1.htm

東南海・東海同時発生の強震動シミュレーション
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/furumura/tokai.htm
地震国日本の中でも、太平洋プレートとフィリピン海プレートの衝突帯
の直上に位置する関東平野では
これまで1923年関東地震や1703年元禄地震のように相模トラフで
起きるM8クラスのプレート境界地震が繰り返し起きている。
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/furumura/epilogue.htm

◆埼玉県川越市を中心に、おおよそ50k圏内で前震が発生すれば、
それが直前の目安となる可能性があります。関東大震災の歴史より。◆
「 http://www.alpha-net.ne.jp/users2/kwg1840/jisin.html
1703年の元禄関東地震の後、1791年1月(寛政2年11月)に埼玉県
南部の蕨や川越・岩槻などで多少の被害を生じた地震が記されていま
す。. 周期の短かい地動があったということは、震源地が比較的江戸に
近いということを示している。」


【ドミノ】>茨城県南部(済)→千葉県北西部(済)→埼玉北部周辺→相模湾周辺。
※ドミノのパターン【例】です。
http://eoc.eri.u-tokyo.ac.jp/harvest/eqmap/tkyMAP30.html
# by aomatsu-k | 2005-08-23 08:35
=======================================================================
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-23 11:12

◆中越のA様と、Y@長岡様から賜りましたメール◆-m(--)m-

◆メール頂き、本当に有り難うございます。◆-m(--)m-◆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朝焼け@長岡 2005,8/22,04;30 宏観観測報告

青松様、おはようございます。
毎日ごめんなさい。
4:30頃の朝焼けが昨日より赤かったです。
昨日の茶色みたいなオレンジではなく、青みが少し入
った濃いピンク赤。(藤色まではなっていないと思う)
以前、進村さんがメールで見させてくれた色です。
雲は厚い感じの鱗雲が東~北~…ごめんなさい、南
側は見ていないけど北半分は出ていました。西側は
暗くてよく解らなかったです。
全体的に雲が多くて焼けも五時過ぎには解らなくなり
ました。日の出も見えませんでした。
予報ではこちら、これから大雨&雷とのこと。
まだ、雲っていても雨は降っていません。
昨日や、以前の震度5の時のように、全天や空気をピ
ンク色に染めてはいなかったけど、また気になったので…。
Y@長岡様より  -m(--)m-

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆お母さん、皆様がご無事で良かったです。-m(--)m-◆

無事です。母( ^-^)
青松さん、ありがとうございます。A家一同無事です。

青松さんのおかげで、心の動揺が少なくてすみました!
注意していた所は違ったけれど、
でも、こないだ宮城の地震があった時、色々な所がか
なり揺れたので十分注意するように心がけていましたヨ
私は軽井沢のショッピングセンターにいたんですけど
天井の照明がぐらんぐらん揺れました。
だから昨日の朝は、みんなで、
今日は気をつけよう!って声をかけあってたんですヨ。

そのおかげで、いつもだったら、息がとまりそうになるく
らい動揺していた母が一番冷静に、対応していました。
「やっぱりきたね(*0*)」って。
私も、カレーライスを煮込んでいたんですが、ぱ!っと
火をとめて食器棚も、ぱっと窓をしめました。
彼も、「動揺が少なくてすんでよかったよ。」ってメール
をくれました。
私が、土曜の夕方から、「何があるかわからないから
絶対気をつけてて」と
青松さんやゴンさんの話をしていたからです。
場所は中越だったけど、青松さんのメールのおかげで
す。ありがとうございます♪

青松さん。
うれしい報告があるんです。
?....................これは内緒にしておきますね!! ?
A家一同様より  -m(--)m-

☆でも、本当に、おめでとうございます。☆私も嬉しいです!!



さて、これ以上中越に地震はいらないが、栃尾市の資料
や、中越の事後調査報告書を送って頂いていますので? 
◆真剣に読んでみますね。-m(--)m-◆頑張ります。!!

★メール、本当に有り難うございました。-m(--)m-★
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-22 13:17

引用元>気象庁、全国M3以上の地震MAP

太平洋プレート
北米プレート
e0006509_6265593.jpg


同日4時の気象衛星熱写真
引用元は気象庁 気象衛星画像
e0006509_6334162.gif


◆日本で最初に気象衛星画像を使った予知法に着目し、多くの実績を重ねた。◆
【ホームページにて、事前予知 公開実験をおこなってきた。】
【中越地震を含め、数多くの被災者(怪我人含む)が出てしまった、"地震予知的中"の実績をもつ。】

◆【元祖】◆気象衛星写真予知法 青松式地震予知実験 管理人 進村 (愛知県豊田市)◆

◆名古屋タイムズ◆
その一部が、名古屋タイムズ 2002(平成14年),08/19,(月曜日)の
【ニュース特捜隊】にて、【72時間以内の発生を60~80%的中】と、
報道、紹介される。気象衛星写真予知法とドミノ理論。
【"大地震"ユニーク予知】 当時は、日本住宅耐震補強協会内にて研究。

名工大主催 東海東南海防災合同プロジェクトチームが企画のボランテ
ィア活動にも参加応援してきました。

A氏とは、青松 本名 進村耕喜 ※私、本人です。 -m(--)m-
http://www.mirai.ne.jp/~mamimami/
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-19 06:27

◆8/12,16;30記、公開実験的中と、これで終了の御報告◆

◆注意◆ML会員メール2005,08/12,16;26送信 【済み分】

■青松式地震予知応援倶楽部 実験メール【No.19】■考察中■
◆領域 東北太平洋側~日高トラフ周辺◆
■震 源■
▲▼三陸沖と周辺、又は日高トラフ周辺と推定▲▼
◆日本海溝ドミノラインの終点活動として、もしかしたら東北太平洋側
に"津波クラス"の地震が発生するかもしれません。◆
■規 模■
マグニチュード6.5?~7,5+
■期 間■
期間は、2005,8/12~8/23 (1,4,7,11の周期説で、最長11日後迄を適用しました。)
◆現 在の考 察◆
電波時計福島局が、不受信継続後、珍しく短時間受信を間欠的に繰り返したりしています。
衛生画像より、地震前兆の可能性ありと判断しました。

2005,08/12,16;20 -記-

ML会員メールの内容は、以上。
-------------------------------------------------------------------------------------------

◆結果 被災地震が、やはり発生してしまいました。-m(--)m-◆的 中◆
この、青松式地震予知実験 管理人 進村は、被災地震を一つもはずしていませ
んが。-m(--)m- 

■結果■結果は、四日後に該当発生しました。-m(--)m-
平成17年08月16日16日11時46分。
震源地は宮城県沖 (北緯38.1°、東経142.4°)震源の深さは約20Km
◆地震の規模 マグニチュード7.2 ◆(暫定値6.8を、訂正された規模に修正済みです。)


e0006509_1436354.jpg


引用元は気象庁より


◆宮城沖地震【本震】の想定規模は、マグニチュード(M)7.5前後?とのこと。◆
規模は足りていませんね。

◆「M6級余震の可能性」気象庁、※重軽傷は59人に※◆

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050816-00000112-yom-soci

http://www.mirai.ne.jp/~mamimami/
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-16 14:38

◆今日の空◆念の為、気を付けてみます◆

2005,8/20,満月 月の最近 朔望日 
※今日が4日前

2005.8/10~8/16 電波時計 両局の受信不安定が継続している。

昨日、大月周辺かな?山間部に雷らしきが見られていた? 赤?
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-16 04:12

ゴンさん報告を転記致します。< お疲れさまです。

◆ ゴン >10日15:12 福島県沖M4.8(70km)等 関東・南東北やや
深めの有感が続いているようで   13日11:39 上弦   ・・・TVノイズ
@前橋 13日13時短観  1chノイズはここ数日 右17.5°で依然継続
   強度はMAXではありませんがやや上昇傾向   今日の上弦 特に
注意という訳ではないと思いますが  1ch地域はM5.5±0.3程度まであ
ってもおかしくはない という感じの状況 (08/13-14:12:46)

---------------------------------------------------------------------------------
RE;青松式地震予知実験 管理人 進村より

◆太平洋プレートに現れていた、地殻活動の今後◆
※歪み圧力の蓄積

◆1、相模トラフ関連の関東に、応力ストレスの解放(地震)となるか。
又は
◆2、東北太平洋側~日高トラフ周辺に、大きく出るのか?
※日本海溝ドミノラインと記しています。※

1か2か、"どちらかのパターン"を推定していますが、大震の決め手になる
宏観現象を、まだ未観測で困りました。-m(--)m-
■M6迄?の中規模ならば既に有ります。

◆パターンとして
2のパターンの場合、紀伊半島周辺の深発地震と相関することから、
こちらが動いた場合、前後に?◆東南海トラフ関連が、気になることになります。

※起点と反射点での活動(ドミノ理論)※

◆■青松式地震予知研究応援倶楽部 実験メール■
送信済み倶楽部実験メール【№18-5】 【№19】 【補足 ご返事例】の一部より引用。
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-14 08:27

▲▼三陸沖と周辺、又は日高トラフ周辺に▲▼

◆領域 東北太平洋側~日高トラフ周辺◆

■震 源■
▲▼三陸沖と周辺、又は日高トラフ周辺と推定▲▼

◆日本海溝ドミノラインの終点活動として、もしかしたら東北太平洋側
に"○○クラス"の地震が発生するかもしれません。◆

■期 間■
期間は、2005,8/12~8/23かな?
 (プレート?=1,4,7,11の周期説で、最長11日後迄を適用?。)

◆現 在◆
電波時計福島局が、不受信継続後、珍しく短時間受信を間欠的に繰り返したりしています。
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-12 16:30

◆ウィキペディア◆フリー百科事典より◆

下記の補足として◆ドミノ理論と衛星予知の先駆者青松(本名 進村)について◆
◆ウイキペデイア◆■【"フリー百科事典より"】■◆
◆本文を下記に、"そのまま転記"しましたので、ご理解の程を宜しく御願い申しあげます。◆
-m(--)m-
Google のキャッシュより
【ドミノ理論】の検索結果は、下記のとうりで間違い有りません。
◆補足でした。-m(--)m-◆

地震 - Wikipedia
日本では民間観測者が衛星画像とドミノ理論を組み合わせた地震予知をやっ
ている青松&マルコドミノ理論などがあり民間ながら予知精度が高い。
ギリシャの研究者によるVAN法や、八ヶ岳南麓天文台の串田嘉男による方
法では、FM放送の電波を用いて電離層に ...
ja.wikipedia.org/wiki/地震 - 58k - キャッシュ - 関連ページ

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%89%E3%83%9F%
E3%83%8E%E7%90%86%E8%AB%96&hl=ja&lr=&start=10&sa=N

http://66.102.7.104/search?q=cache:kSWEv6d-LPUJ:ja.wikipedia.
org/wiki/%E5%9C%B0%E9%9C%87+%E3%83%89%E3%83%9F%
E3%83%8E%E7%90%86%E8%AB%96&hl=ja

◆地震予知◆

 一般に、地震の発生を事前に予知することは、難しいとされている。
数少ない例として、近い将来に発生するとされている東海地震については、日本の行政・
研究者が予知の可能性が高いと考え、観測体制・判定会の開催・警戒宣言の発令等の
手順が明確にされている。

日本では、理化学研究所・旧NASDAのリモートセンシング研究により極超長波223Hz/
17Hzの電磁波予知研究が先駆で全国各大学など40箇所ほどの観測点があり一番信
頼性が高い。また岐阜大学などが地中水脈に含まれるラドン放射を計測し地震予知観測
システム網を構築しているがこれも信頼性が高い。アメリカにおいてはNASAが人工衛星
の赤外線計測器が地震震央から発する赤外線スポットを観測しこの原理から地震予知研
究をした実績がある。

 日本では民間観測者が衛星画像とドミノ理論を組み合わせた地震予知をやっている
青松&マルコドミノ理論などがあり民間ながら予知精度が高い。

 ギリシャの研究者によるVAN法や、八ヶ岳南麓天文台の串田嘉男による方法では、FM
放送の電波を用いて電離層による間接的に地震の発生を予知しようとするものであるが、
原理が解明されておらず、予測も確実ではない。

岡山理科大学の弘原海(わだつみ)清は大気イオンの濃度変化を用いた地震予知の研究を行っている。そのほか東海大学などが様々な手法を用いて地震予知研究をしており、日本
大学も「夜光」という小型衛星の打ち上げを計画しており、地震の直前に発光する現象を宇
宙から捉えようとしている。

地震が発生する前の気象や生物行動の変化を宏観異常現象としてとらえて、地震を予知し
ようとする試みがあるが、そのメカニズムを論証できるものではない。特に地震雲については、
雲の形と地震発生との関係が全く不明、また雲のほとんどが気象状況により発生のメカニズム
が証明できるもので、否定的見解が多数派。気象庁地震予知情報課も「占いと同レベル」と斬り
捨てている。新潟県中越地震の直後に“地震雲では”と寄せられた情報のほとんどは、飛行機
雲、巻き雲、高積雲などだったという。

中国では1975年に実際に地震予知に成功し、死傷者の軽減に貢献した事例がある。
[編集]

数十年〜数百年内に大地震を引き起こす可能性が高い活断層・トラフ

* (凡例)地震源の名前:発生地域:予想される地震の規模
* 南海トラフ(東海地震〜南海地震の原因)
o 東海地震:静岡県、愛知県のそれぞれ南沖:予想M 8程度
o 東南海地震:三重県、愛知県のそれぞれ南方沖:予想M 8程度
o 南海地震:高知県、徳島県、和歌山県のそれぞれ南方沖:予想M 8程度
* 相模トラフ
o 関東地震を起こした断層:神奈川県:予想M 8程度
o 南関東の東側の広い地域の断層:東京湾〜千葉県〜千葉県東方沖:予想M ?
o 埼玉県東部〜茨城県南部の断層:茨城県南部:予想M ?
* 瀬戸内海西側から日向灘にかけてのプレ−トの境界:安芸灘、伊予灘、豊後水道、日向灘:予想M ?
* 与那国島周辺:与那国島(沖縄県):予想M ?
* 千島海溝周辺
o 十勝沖、根室沖:北海道南東沖:予想M ?
o 色丹島沖、択捉島沖:北方領土南沖:予想M ?
o 千島海溝北側の地下深く:北海道〜千島列島:予想M ?
* 三陸沖から房総沖にかけてのプレートの境界
o 三陸沖から房総沖にかけての大地震(津波を起こしやすい):青森県、岩手県、福島県、茨城県、千葉県のそれぞれ太平洋沖:予想M ?
o 三陸沖北部:青森県、岩手県:予想M ?
o 茨城県沖:茨城県:予想M ?
* 中央構造線:和歌山県、徳島県、愛媛県:予想M 7 〜 8
* 糸魚川-静岡構造線の中部:長野県:予想M 8 程度
* 国府津(こうづ) - 松田 - 神縄(かんなわ)断層帯:神奈川県:予想M 8程度
* 宮城県沖地震を引き起こした断層:宮城県:予想M ?
* 三浦半島断層群:神奈川県:予想M 6.5 〜 6.8
* 富士川河口断層帯:静岡県?:予想M 8 程度
* 阿寺断層帯:岐阜県、長野県:予想M 6.8
* 上町断層帯:大阪府:予想M 7.5

※このほかの断層については地震発生確率が低いため記載していないが、断層の調査が難し
いため確率の幅が大きいものもあり、日頃から注意は必要である。

* 南海トラフの資料
o 南海トラフ沿いに起きる次の巨大地震
o 地震火山観測研究センター

[編集]

日本における地震対策と体制

日本は世界の地震の約1割が発生する地震大国であり、地震に関する組織もたくさんある。
ただし、業務が重複している部分も見られ、研究者の間でもこれらの組織の役割の違いを明
確に説明することは難しいとされている。アメリカ合衆国ではアメリカ合衆国地質調査所が下
に掲げているような役割をほぼ一元的に担っている。
[編集]
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-12 09:09

■相模トラフ■か?◆日本海溝◆か?

※相模トラフ関連※

e0006509_7151139.jpg


※引用元は、防災科研様提供の地震震源情報より

e0006509_7171345.jpg


◆深さ別 深さ70kの震源分布図
e0006509_7235430.jpg


※この資料は、引用し1998~2000頃に、青松式地震予知実験 管理人 進村が作成したものです。-m(--)m- 古いですが -m(--)m-※
■その当時に、下記へ公開していたものを再添付いたしました。■
http://www.mirai.ne.jp/~mamimami/

↓※ドミノ【中規模地震の連鎖性(規則性)に注目、ドミノ理論と名付け研究し、発生後に大震が発生するのか?、この地震が前震である可能性が有るのか?、を、7年以上研究公開発表してきました。!!】※
http://www.mirai.ne.jp/~mamimami/domino

◆参考までに、どうぞ。◆-m(--)m-
[PR]
by aomatsu-k | 2005-08-12 07:26


地震予知情報